2018年4月24日 (火)

ジ・アウトレット広島 THE OUTLETS HIROSHIMA

広島西風新都(広島市佐伯区)にイオンが展開する、地方創成型大型商業施設1号店、が4月27日にオープンします。

弊社の「はっさく大福」も広島の大福として販売されます。

詳しい事は後日お知らせ致しますので、ご利用よろしくお願いします。

尚、ゴールデンウイーク中は休まず営業致しますので広島の手土産としてご利用下さい。

2018年3月23日 (金)

広島の大福「元祖はっさく大福」

宮総代会から、「安政柑祭り大好評でした」と、お電話いただきました。

八朔・安政柑発祥の地を誇りに想い、守り伝える宮総代、育成販売に苦労されている農家の皆さん、殆ど後期高齢者の方々、自分もその一人だけど。

ご苦労様です。今年は寒波で苦味、水分落ちの対策に苦労したと農家の人。

次々と新品種の柑橘が開発される中、歴史ある柑橘を後世に伝えて下さい。

今週金曜日より、イズミゆめタウン大竹・島根県ゆめタウン益田販売始めました。

先週より毎日販売している、広島そごうB1楠清「廣喜堂」売店は好調です。

高速バスご利用の際は「広島の大福」として手土産などによろしく。

現在、取り扱い20店舗、呉市など数店舗試験販売中です。

2018年3月12日 (月)

安政柑祭り

因島田熊町の八幡宮より「安政柑祭り」の注文がFAXで流れてきました。

3年前まで宮総代を務めていた関係で、広島市内移転後も協力しています。

安政年間、田熊村「岡野園」に偶発実生した緑黄の文旦で、爽快な味覚を愛され「青ん坊」と呼ばれ、明治43年に安政柑と命名された。私の故郷田熊町は八朔安政柑、発祥の地であり身近に食べ乍ら育ちました。柑橘の育成開発に苦労された先人たちを想い、毎年宮総代中心に後世に伝えるべく、今年は、因島田熊町八幡宮で3月18日10時から、安政柑大福も販売し、ご来場お待ちしています。

知っていますか?八朔、安政柑は因島、広島県が誇るべき産品です。

広島そごうB1階で八朔大福(木)販売中ですが、バイヤーさんのご理解を頂きまして3月13日より、木曜日以外は(株)楠清「廣喜堂」様売店で販売始めます。

来週より、島根県ゆめタウン益田様などで販売開始の予定です。

2018年3月 6日 (火)

フィールドワーク

一昨日(3月4日)、弟子の「はっさく工房まつうら」からのお呼びに応え因島へ。

立命館高等学校、生徒40人が付き添いの方と来島、因島中庄町区民間に迎えて、はっさく大福制作体験を旅行会社、会議所等総勢60人で八朔の皮むきから包餡、みかん餅で包み各自、作った大福を味わう楽しい一時でした。因島のキャラクター「はっさくん」も大活躍、ご苦労さんでした。

最近、テレビ雑誌に加え何泊何日でテーマに即した場所を直接訪れ調査、体験するフイールドワークで来店されるグループが多くなった。愛知教育大学、埼玉開智中学、広島マツダ、又、広島大学の卒論で広島土産のテーマに当社の八朔大福に数か月かけてくれた学生さん。「ネット検索では解からない事が多いと気付いた」と皆さんに感謝され、私も得る事が多くありました。ありがとうございます。

柏原伸一と立命館高校生徒

はっさく大福作り体験する立命館高校生徒

自分達の作ったはっさく大福を試食する立命館高校生徒

自分達の作ったはっさく大福を試食する立命館高校生徒

写真はせとうちタイムズより転載

2018年2月23日 (金)

ひろしまブランドショップTAU

先週、2月14日因島から、弟子の八朔工房「まつうら」店主夫婦が、ワザワザ義理チョコを持って来た。この歳になると、貰える義理チョコも少なく貴重品だ。

1年ほど掛けて、昨年開店、毎日予想以上の好評で早々と売り切れるとの事。

2月24・25日少量であるが、「八朔大福」を銀座TAUにて因島観光物産展で現地で販売するとの事。技術はまだ未熟ながら、毎日真剣に取り組んでいるから感心。奢る事無く、欲張る事なくは勿論、裸足でも歩ける程きれいな作業場と、若さを武器に進んで欲しいと願うばかり。TAUのお客さん応援よろしくお願いします。

2018年2月 1日 (木)

2018広島三越スイーツコレクション

今年で8年を経過した、広島三越スイーツの祭典として、30日から展開されています。

<展開商品のコンセプト>広島初、カテゴリー№1の集積との事です。

広島から、当社の「はっさく大福」が、2月3~4日(土・日)出店販売されますが会期は14日までです。(当社の都合により2日間の限定販売です)。

先日、因島から八朔を持ち帰りましたが、まだ収穫されず寒波の中、凍えそうな感じの八朔が見受けられたが、木成か老齢により廃業された農園の畑か。寒波で柑橘が苦くなるのも心配、年々廃業農家が増えて、八朔の良品が入手困難となるのも心配です。

晩柑類は、過ぎた高温低温により苦くなります。因島の北と南、畑の位置と木の外側と内側とでも微妙に変わってくる、特に、生果実を使用する為に規格外れでも良品しか使えない為、週に1度、因島の長年信頼している農園さんから持ち帰っています。

今月よりスーパーに並び始める八朔は、因島が発祥の地で広島県が誇るべき産品です。

2018年1月 1日 (月)

新春のお慶び申し上げます

昨年は、本店を始め各売店様をご利用頂きまして、誠に有難う御座いました。新しい年を迎え、気持も新たに更なる努力と発展を目指す所存で御座います。

広島市内に移転も早や6年目、広島の手土産として広く知られる様になり、お取り扱い売店様も市内に広がり、お買い求め易くなり、広島の手土産として定着。広島に行けば、「かしはらの大福」と認めて下さる大福に育ちました。

昨年、12月より販売されています、イオンモール祇園内「イオンモール祇園店」様での評判が予想外に大きく、早々と売り切れるとの事、今後とも、取扱店を増やす予定ですのでよろしくお願いします。

尚、一部の病院等を除き元旦、2日、3日と正月中も購入出来ます。

FAXでの注文は原則、注文の翌日に発送出来ます。

平成30年元旦(株)かしはら

2017年12月12日 (火)

年末、年始の営業

年末、年始は通常通り営業(月曜休み)正月2日からの営業です。

2017年も残り少なくなりましたが、感動と思い出多き、感謝の一年でした。

弊社の大福、もお茶菓子に手土産にと、幅広くご利用頂き有難うございました。

来年も「広島の大福」として、定着出来ます様更に頑張ります。

先月より、お話しがありましたイオン様の販売は、12月15日よりイオンモール広島祇園様から販売始めますので、安佐南区の皆様方のご利用、お願い申し上げます。

広島市内も、厳しい寒さが続いていますが、皆様方にはお体にお気を付けて、新しい年を迎えられます様に。

もち菓子のかしはら一同

2017年11月25日 (土)

2017広島東洋カープ優勝パレード

本日、10時30分よりパレードが始まり、平和大通り周辺は紅く染まりました。出発点近くの「かしはら」店舗前も、沢山の紅いファンが通り過ぎ賑わいました。感動をありがとうございました!と、一市民として感謝したい。

広島市内移転5年目、「はっさく大福」も広島の手土産として幅広く利用されるようになり12月より大型商業施設「イオン」様でも販売される事になりました。これからも「広島の定番スイーツ」を目指し、初心を忘れず頑張ります。

「かしはら本店」は広電、広島駅~宮島口間の天満町電停から20メートルです。

2017年11月 5日 (日)

祝・御開店「はっさく工房まつうら」

因島の元店舗に来られるお客様が今でも居られるとの事で、広島市内に移転開業して5年目になりますが、申し訳ない思いで気になっていました。

昨年からの、松浦夫妻の熱い想いと要望に応え、全面的に協力、お手伝いさせて頂きましたが、11月3日八朔発祥の地因島田熊町に、まだ未熟ではございますが、私の跡を託す立派なお店が出来ました。

これからも、奢ることなく地元及び遠来のお客様、しまなみサイクリストの皆様方に愛され、信頼されるお店造りに努力される事を願うばかりです。

はっさく工房まつうらホームページはコチラ

«全売店様販売始めました